SIRIUS(シリウス)の使い方

シリウスを立ち上げる

シリウスを立ち上げる前に

 

SIRIUS(シリウス)を立ち上げる前に、Net Framework と MS CHART をネットからダウンロードして、インストールする必要があります。

 

Net Frameworkは、Windows7 以上は、すでにデフォルトでインストールされているので、ダウンロードする必要はありません。

 

MS CHART は、Yahoo! とか Google で検索をすれば、無料でダウンロードできるサイトが出てきます。

 

→ MS CHART をダウンロードする。

 

 

Infotop の購入者マイページから、SIRIUS(シリウス)をダウンロードしたら、フォルダーを解凍します。

 

 

解凍がうまくできない方は、解凍ツールが必要です。

 

Lhaplus (無料))が必要です。

 

→ Lhaplus をダウンロードする。

 

 

SIRIUS(シリウス)を立ち上げる

 

提供されている本体は、「インストーラー版」と「ZIP版」の2種類があります。
それぞれ起動方法が異なります。

 

インストーラー版を利用してSIRIUSをインストールした場合は、
デスクトップ上にある「SIRIUS」というショートカットをダブルクリックする事で
本体を起動させる事が出来ます。

 

 

ZIP版をご利用の場合、本体ファイルを解凍した先のフォルダ内にある
「sirius.exe」ファイルをダブルクリックする事で起動させる事ができます。

 

ZIP版でも、デスクトップにショートカットを作成できます。
「sirius.exe」ファイルを右クリック→「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択で、
ショートカットができています。

 

 

ライセンスの認証

 

初めてSIRIUS(シリウス)を立ち上げると、ライセンス認証画面が表示されます。
商品の購入時に送られてきたメールを見ましょう。

 

そこに書かれた「購入時メールアドレス」と「ライセンス番号」を入力します。
上位版購入者のみ、さらに「上位版パスワード」を入力します。

 

そして「認証」をクリックします。

 

 

この操作は、初回のみ必要です。

 

 

次の記事に進む

関連ページ

シリウスを購入したら
SIRIUS(シリウス)を購入した方に、その使い方のヒントをお伝えしているサイトです。 SIRIUS(シリウス)を購入したら、まずこれをしましょう。
サイトを作成する。
SIRIUS(シリウス)を購入した方に、その使い方のヒントをお伝えしているサイトです。 とにかくSIRIUS(シリウス)でサイトを作っちゃいましょう。
シリウスでサイトをアップロードする。
最初に設定をしておけば、後は本当に楽々ファイルのアップロードができます。感動ものです。
入力した文字はどこに反映されるの?
エントリーページの設定をすると、実際のサイトにどのように表示されるのか把握しておきましょう。